健美庵で有った
  具体的な症例報告

HOME | ぎっくり腰

ぎっくり腰

突然襲われる”魔女の一撃”
  に例えられる急激な痛み

ぎっくり腰とは

ぎっくり腰は、急激な動作や不注意な姿勢などが原因で、腰部の筋肉や靭帯に突然の損傷が生じる症状です。一般的には、腰を曲げる、持ち上げる、回すといった動作を行った際に突然の激しい痛みが発生します。この痛みは、腰部の筋肉や靭帯の炎症や損傷によるものであり、腰の可動域が制限されることもあります。
ぎっくり腰の症状には、以下のようなものが含まれます:

  1. 急激な腰部の痛み:腰を動かす際に強い痛みが生じ、特に動作の開始時や朝起きたときに痛みを感じることがあります。
  2. 腰の動きの制限:腰を動かすことが困難で、立ち上がったり座ったりするのが難しい場合があります。
  3. 痛みの放散:ぎっくり腰の痛みが腰部だけでなく、お尻や大腿部、脚にまで放散することがあります。
  4. 筋肉の緊張やこわばり:腰部の筋肉が緊張し、硬くなることがあります。

ぎっくり腰は、休息や冷却、炎症を抑える薬の使用など、一般的には自宅での治療が可能です。ただし、重症な場合や症状が長引く場合は、医師や理学療法士に相談し、適切な治療法を受けることが重要です。また、ぎっくり腰を予防するためには、適切な姿勢の維持や腰部の筋力トレーニングなどの予防策が効果的です。