よくある質問

鍼灸と整体のコラボレーション

鍼灸や整体のよくある質問

安心して施術を受けて頂くために

WHO(世界保健機構)が有効性を認めた鍼灸効果

【神経系疾患】

◎神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

【運動器系疾患】

関節炎・◎リウマチ・◎頚肩腕症候群・◎頚椎捻挫後遺症・◎五十肩・腱鞘炎・◎腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

【循環器系疾患】

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

【呼吸器系疾患】

気管支炎・喘息・風邪および予防

【消化器系疾患】

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

【代謝内分秘系疾患】

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

【生殖、泌尿器系疾患】

膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

【婦人科系疾患】

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

【耳鼻咽喉科系疾患】

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

【眼科系疾患】

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

【小児科疾患】

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善 
 
 

Q&A(問い合わせ)

 

よくある質問


Q、美容鍼灸は痛くないですか?
A,美容鍼は身体のなかでも特に敏感な顔に針をしますので、正直痛みは有ります。しかし、多くのお客様が実際に行ってみると、覚悟していた程では無いと言われています。実際痛みについては感じ方に個人差が有りますので、一概に応えるのは難しいですが、痛みのなるべく出にくい様に細心の注意はしております。

Q,美容鍼灸にリスクは有りますか?
A,ごく稀にですが、内出血や腫れ等が起こることが有ります。女性と男性では血管が男性の方が強いので、女性のほうが若干内出血のリスクは高いです。しかし、美容整形の様に、重篤な症状が残る様な事は有りません。内出血も消えるのに個人差は有りますが、必ず消えて跡が残る様なことは有りません。

Q,美容鍼灸は何に効果が有りますか?
A,美容鍼灸の適応は、・小ジワ・肌の張り・肌のキメ・乾燥肌・顔の浮腫み・引き締め・リフトアップ・くすみ・ニキビ肌・ニキビ跡・赤ら顔・アトピー等色々な方面に効果があります。個人差は有りますが、多くの方が次の日の肌質の変化と化粧のりの違いは実感しています。

Q,化粧は落として行った方がいいですか?
A,お化粧はしたままで構いません。針を打つ際に消毒をしますので、その際に多少化粧が崩れます。化粧直しの道具だけご持参下さい。

Q,時間はどれくらいかかりますか?
A,初回は問診(カウンセリング)がありますので約90分ぐらいかかります。施術の内容と組み合わせにより、時間には多少違いが有りますので、詳しくはお尋ねください。

Q,男でも美容鍼灸を受けれますか?
A,もちろん男性でも受けれます。最近では男性も美意識が高くなってきているので、希望される方も増えてきていますので、お気軽に相談ください。

Q,鍼灸施術は何に効果が有りますか?
A,鍼灸施術の適応は、肩こり腰痛はもちろん・神経系・運動器系・循環器系・呼吸器系・消化器系・内分泌代謝系・泌尿器系・婦人科系・耳鼻咽喉科系・眼科系・小児科系・皮膚科系・アレルギー・ED等になります。症状によっては西洋医学の病院を紹介することもあります。鍼灸の適応症についてはWHOの「鍼灸の適応症」をご覧ください

Q,どのくらい通いますか?
A,美容鍼灸に関しては、基本は2週に一回がお勧めで、先ずは10回は続けてみるのが違いを実感しやすいですが、鍼灸施術や整体は体の変化の状態により来院の案内は変わります。週2回ぐらいから、体安定してくると2週に1回ぐらいが一般的です。ただ婦人科を希望の方は、症状により日にちの誘導をする事が有ります。

Q,服は脱ぎやすい物を着て行った方がいいですか?
A,施術着をご用意しておりますので、普段着で大丈夫です。着替えるのに抵抗を感じる方は、膝下や肘から先が出やすい服で来て下さい。

Q,カードで支払いはできますか?
A,各種カードの取り扱いを始めました。(JCB・VISA・MasterCard・UFJ・DC・Nicos・American Expressなど)

Q,インターネットから予約はできますか?
A,インターネット予約のフォームは有りませんので、基本はLINEでの予約受付になります。予約は数日の余裕を持ってご連絡下さい。


よく頂く質問は随時書き込んでいきます。
お気軽に何でも問い合わせ下さい。